院長ブログ

blog

2020.7.22

真の健康とは(2)

健康とは何でしょう?

私が医学部で学んだのは『WHOの健康の定義』しか記憶にありません。

知り合いの医師に聞いてみたら、そもそもそんなことを考えていない返答でした。

WHOの健康の定義とは、
「健康とは、病気がないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいう。」(日本WHO協会訳)

その文言に追加して、「spiritual(霊的)とdynamic(動的)」という文言を追加しようという動きがありましたが、採決されなかったそうです。

1998年頃のことなので、最近の動向が知りたくて公益社団法人日本WHO協会に問い合わせをし返信を頂きましたが、進捗はありませんでした。

スピリチュアルな健康、ダイナミックな健康という表現は、人によってはイメージ可能なのかもしれませんが、この文言を正式に掲げるとしたら、難しいと感じます。

そもそも、『すべてが満たされた状態』という状態は、どのような状態でしょうか。

厚生労働省の平成26年の「健康に意識に関する調査」では、

「健康感を判断する際に、重視した事項はなんですか?」として、
3つまでの複数回答を求めています。

①病気がないこと 63.8%
②美味しく飲食できること 40.6%
③身体が丈夫なこと 40.3%
④ぐっすりと眠れること 27.6%
⑤不安や悩みがないこと 19.1%

なるほどと思います。

では、【真の健康】とは何でしょう?

その問いにたどり着き、答えを得たまでの軌跡をお伝えしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です