院長ブログ

blog

2021.7.9

学会発表のため高松へ

日本心身医学会で発表のため、今日から高松に行きます。
認識テクノロジー(認識技術)により、若年性高血圧症の患者さんの降圧剤が
不要になった、その患者さんの思考感情の生まれるメカニズムを解析した内容です。


考えや感情を自分でコントロールできることが、ストレスのマネージメントの始まりです。


学会発表の様子はまたお知らせしますね。


ストレスの根本解決をするにはどうしたらいいのか。
そんな思いの医師としての人生がありました。



梅雨らしい霧雨。私の心は静かな感謝でいっぱいです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です